ボトックスで理想のフェイスラインに【メスを使用しない小顔治療】

サイトメニュー

ワキガを直す

女性

ボトックスといえば、小顔治療のイメージを持っている人が多いですが、実は小顔治療以外の治療にも用いられています。一般的に知られているものにはしわ取り治療があります。その他にも、脚やせ治療やわきが・多汗症にも効果があり、治療に使われています。最近は、清潔感を大切にしている人を中心に、ボトックスを利用したわきが・多汗症治療を行なっています。

なぜ、わきがや多汗症治療にボトックスが利用されているのかというと、汗腺にボトックス注射をすれば、発汗を抑制する効果があるからです。しかし、この治療には注意点や把握しておくべきことがあります。まず一つめに、一度の治療で完治することがなということです。効果は永久的なものではないので、定期的にボトックス注射をする必要があります。もし、費用が高くなっても、永久的な効果が欲しいのであれば、汗腺の除去手術を検討しましょう。また、人によっては、ボトックス注射時に痛みを感じてしまう人もいます。痛みに弱いと自覚がある人は、事前に局部麻酔をしてもらえないか医師に確認しておくと良いでしょう。そして、最後にボトックス治療をした部位は汗をかきにくくなったけど、それ以外の部位で汗をかくことがが増えることもあります。このような副作用は体質によるものなので、必ずしもこのような副作用が出てくるわけではありませんが、治療を受ける前に知っておくべきです。また、わきがや多汗症の治療は、ボトックス治療や切除手術だけでなく、ほかの治療方法もあります。内服薬や塗り薬などの薬物療法やレーザー療法、心理療法などがあります。いくつかの治療法を組み合わせて、ワキガや多汗症改善を目指す方法もあるので、医師と相談してみましょう。