ボトックスで理想のフェイスラインに【メスを使用しない小顔治療】

サイトメニュー

避けたい生活習慣

注射器

歯ぎしりに要注意

小顔になりたいと美容クリニックで治療を受ける人がたくさんいます。また、最近では、気軽に受けることが出来るボトックス注射によって、多くの人が小顔を目指すことが可能になっています。しかし、ボトックス注射は持続期間が半年から1年程度となっています。なので、じょじょに小顔効果は薄くなっていくのです。もし、小顔効果の持続期間を長くしたいと考えるのであれば、生活習慣を見直しましょう。まず、食生活をみなしてみるべきです。好きなものばかり食べていると、太ってしまいます。太ると顔に肉が付きやすいです。また、一度顔についた脂肪はなかなか落とすことが難しいです。また、アルコールを飲み過ぎるのは控えましょう。アルコールを摂取することで体が普段以上に水分を欲し、顔のむくみを発症させてしまいます。そして、食事をする時に片側だけで噛む癖があるのであれば、直しましょう。片側だけで噛んでいては咬筋が発達してしまい、ボトックス注射の意味がなくなってしまいます。

ボトックス注射は、咬筋の発達によるエラの解消によって小顔効果を生んでいます。では、顔を大きく見せる咬筋は、どのようにして発達するのでしょうか。一番の原因と言われているのが、歯ぎしりです。人は日中、ストレスを感じると無意識に睡眠中歯ぎしりをしてしまいます。歯ぎしりは、思っている以上に咬筋を使っているので、マウスピースを装着して歯ぎしりを抑制するようにしましょう。また、歯を食いしばることも、歯ぎしり同様に咬筋を鍛えてしまいます。なので、歯を食いしばらないように意識して過ごすようにしましょう。

また、普段のスキンケアにマッサージを取り入れるのもおススメです。しかし、ボトックス注射後に、ゴリゴリとマッサージをすると、注入したボトックスが移動してしまう恐れがあります。その為、耳たぶを回す小顔マッサージがおススメです。化粧をしていても気軽にできるので、気が付いたらするようにしましょう。また、毛穴がたるむことで顔全体がたるみ、大きく見えていることもあります。なので、肌にハリを与えるスキンケアアイテムを使用するようにしましょう。